2008年06月12日

秋葉原の事件について

秋葉原の事件について、メディアの報道を見るたびに憂鬱になる。正直、この事件の話を聞いたとき、あまり驚かなかった。
そしてとっさに、パリ郊外で車が燃えていたときのことを思い出した。
2005年秋の暴動だ。
もちろん、前者は個人による、後者は組織的な暴力行為であり、前者は殺人を、後者は殺人ではなく、一種の抗議行動だったので、性質は非常に異なる。

それでも、私がこんな風に感じてしまったのは、この問題は絶対に根が深い。特異な個人の奇矯な振る舞いで片付けたら恐ろしいことになる…ような気がしたからだ。

フランスの暴動の場合、背景には戦後から失敗し続けてきた移民政策や、そこからくる社会格差の問題があった。積もり積もったモノが爆発したと感じた人は多かった。

もちろん、私の意見はまだ推測の域を出ない。根拠は、加害者の経歴と書き込みの内容、そして彼が従事していたような、工場での派遣労働を扱った本何冊かの情報、それと何人かの知人の体験話を元にしている。

だが、それだけの情報でも何かが見えてくるような気がするのだ。
例えば、もっと最近の日本でおきた若者による無差別殺人の例をいくつか思い出す。すると、不安定雇用とか、本人をサポートしきれない家族(彼ら自身も金銭的、心理的困難を抱えている)だとか、性愛にまつわる日本的なプレッシャー(=結婚や家族の重圧)だとか、共通する要素が次々と浮かび上がってくる。

離れた点としてしか認識されていないこれらの事象を、つなげる努力をするべきな気がする。(ただし、今回のような個人による散発的な行為について、厳密に統計的な調査をやるのが困難であることは認めますが。)
例えば、結婚できないことと不安定雇用、貧困と孤独とは、日本の場合見事な関連性があることが、最近いくつかの調査により明らかになっている(参考:本田由紀によるいくつかの近年の研究)。また、最近では特に日本が、一度挫折したらはい上がれない度合いが(先進国の中では)アメリカの次に著しい国の一つだということも囁かれている(参考:湯浅誠『反貧困』岩波新書など)。

今回の事例も、この種の社会の軋み、のようなものの結節点として捉えることは出来ないだろうか?

そして、「みんな我慢しているのに…」「モラルがない」という発言で、点を点のまま放置するのは、更に恐ろしい結果を招くだけではないだろうか。



…ていうか、むしろ、「みんな我慢している」としたら、その方がもっと怖い。
だってそれは、今はよくとも、このままいくと、いつの日か「みんな」が我慢できなくなる日がくるのかもしれないことを意味するからだ。


一つの例えをしたい。

よく、政治家や企業の上、そうでなくともともかく権力のある地位にいる人間に対して、「人をモノのように扱う」ことで批判がなされる場合がある。
しかし、家族の労働問題、友人や知人の話を聞いたり触れたりするにつれ、そして自分自身の決して安定したとは言えない生活を考えるにつれ、私は最近次のようなことを思い、苛立ちを覚えるようになった。
仮に人を何か機械のような全体の部品として扱うのなら、何故その発想をもっと完全に、徹底させないのか。
ある機械がきちんと動くためには適切な使用とメンテナンスが必要だ。ユーザーはきちんとマニュアルを理解し、相応しい環境で使わなければならない。無茶苦茶な扱いをしたら、メンテナンスを怠ったら、脆い部品からどんどん壊れていくのは明白だ。壊れた部品を交換するには余分なコストがかかる。だから、部品が壊れないに越したことはない。
機械でさえこうなのだ。

例えば、この「部品」を今の日本の若者、マニュアルを「労働法規」、相応しい環境
を「適切な休憩が取れる状況での労働」などと読みかえて欲しい。
今の日本で、きちんと使われている「部品」はどのくらいあるんだろ。
つまり、この国では今、きちんとしたモノとしてすら扱ってもらえていない人々が多く存在するんじゃないか。

機械が壊れたら、その責任は「部品」のせいだろうか?違うだろう。そんなのごまかしだ。そして、壊れた部品を交換しても、また同じ場所が壊れるだけだ。
そうして無駄な時間とコストが費やされる。
そもそも、そんな環境で機械を使おうとした、もしくは無理な負荷がかかるような設計をした人々に責任が帰されるべきだ。



別に加害者を免罪するわけではない。ただ、無差別殺人その他について裁くのは司法の仕事だし、やってしまったことはやってしまったこと。
秋葉原に、その日自分がいたら被害者になっただろうし、友人が被害者になったかもしれないとは考える。犠牲者の方々には心から哀悼の意を覚える。
しかしそのことについて、加害者の「自己愛」「異常さ」ばかりを訴えても意味はない、そう思えてならない。


とまあ、秋葉原の事件について考えてみた。


(ヲタ日記からずれてしまいましたが…)

posted by サキオ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。