2008年06月19日

キルアの魅力について改めて考える

記事続投失礼します。
がらっとネタが変わってキルアについて。私は萌えキャラが増えるたびに、既に萌えてるキャラと比較して、「この子はここがいい、あの子はここがいい」とごちゃごちゃ考えてハァハァするダメな大人のひとです。

で、最近、ハガレンみてて結局エンヴィーというキャラにハマってしまったのですが、その結果、キルアやカヲル、フェイタン、芦川美鶴あたりについてもごちゃごちゃ考えてしまいました。

しかし流石に全員分書いてるとおかしくなるので、とりあえずキルアのことをv

思ったのは、「キルアって、よくよく考えればかなり中性的魅力のキャラだなぁ」ですね。

特に、男性作家の描くキャラで、殊更そういう設定があるわけでもないのに(わかりやすい例で言えば女と見まごう美少年とか、同性愛傾向があるとか、等々)、ごく普通に主人公の側で色々動いているその姿に妙な色気を感じてしまうというのは、なかなか希有かと。

これは、フィルタのかかった私の目がいけないのかと時々考えてしまうのですが、巷の掲示板など見ると、やはり「こ、これは…」という反応がちらほらある様子。
また、身内の話で恐縮ですが、うちの弟など、WJのとある回を見た途端、手が止まっていきなり吹き出した

この、意図してるんだかしてないんだかわからないところで食らわされる超絶な色気という点では、渚カヲルさえも叶わないという気がしてくるくらいです。(エヴァファンの皆様すいません)
というのも、カヲルさんはあれ一応、制作者サイドが狙って演出してるわけで、こちらもそれをわかって愉しんでる。
だけどキルアは…どうもちょっと違って、計算があるんだか無いんだか、よくわからない。キャラデザインとして、見た目は明らかにかわいいけど、例えば漫画の中ではとりたてて「美少年」の扱いを受けるわけではなく(「ツリ目」とかいわれておわり)、女性とは大抵折り合いが悪い。かといって男にもてるわけでもない(ゾル家は例外)。
つまり、恐らくはお色気キャラではないことになっている。そのくせ、時々絵に恐ろしく気合いが入り、非腐、非ショタの人々をも反応させるという状況が起きている。

ちなみにキルア、ガタイはいいんですよね。確か。
ある種、精神的にも肉体的にも両性具有的な魅力とでもいうのか。
侮れなさすぎて、もうどうしたらいいんだか。


この記事へのコメント
弟さんがどこを見て吹いたのかとても
気になります(笑)
キルアは確かに余りもててるイメージないですよね。
ゴンの方が好かれるから余計に。
その分俺はお前を気に入ってるとか
どきっぱり言っちゃうゴレイヌさんとか、
彼はいいと目を付けたサトツさんとかに
過剰反応しちゃうんですけど;
Posted by 瑠璃葉 at 2008年06月20日 16:14
弟が吹いたのは…あの「キルアはいいよね…関係ないから」(byゴン)シーンですw
そう、キルアがさほどモテ子じゃなくて、ゴンが妙に好かれるんですよね〜
いわゆる王道少年漫画だったら、逆の役割がふってきそうなのに…。例えば、こんな感じとか。
ゴ「ちぇっ、キルアはもてるからなあ〜」
キ「別にぃ、こんなのもらっても嬉しくないぜ…」(ラブレターを指でつまみ上げながら髪をかき上げる)

…絶対イヤだこんなゴンキル、という感じですが。

>過剰反応

た、確かに… (;´Д`)ハァハァ
あまり広く浅くもてないがゆえに、ゴレイヌさんとかサトツさんとか、時折そういうキャラが現れると、効果が二割、三割り増しというか、何か呼吸困難になります…
Posted by 管理人 at 2008年06月22日 17:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101052853

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。