2008年09月29日

休日中+グーグルが

振り替え休日満喫中です(´∀`*)

しかし、一昨日は仕事で某ジャンルのエチャを逃してしまいました…orz
久しぶりの機会だったのですが…残念でした…(涙

一方、不幸中の幸いとでもいうのか、仕事の用事が済んだ直後ネットを見たら別ジャンルで急遽エチャ開催のお知らせが…!
相変わらずエチャ機能にうといダメダメ初心者のくせに考えずに参加してしまいました(疲労と睡眠不足でハイになっていたので)。
ほんと、その節はお世話になりました…m(_)m


ところで、全然関係ない話題ですが…珍しくニュースから。

「グーグル、「反同性婚」条例案に反対を表明」
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20381042,00.htm?ref=rss
おお、と思った。確かにグーグルがネット以外のことでここまではっきり政治的なポジションを取ることはめずらしい。

しかし驚いたのはそれよりも……一旦可能になった後で反対投票なんて、そんなこともあるんだ…((( ;゚Д゚)))
確かに、冷静に考えれば充分ありうるんだけど、何かショック。
一旦自由を勝ち取ったと思っても安心は出来ないもんなんだなあ。


あ、でもそういえばカリフォルニア州で同性婚が認められたのはつい最近なんだっけ?それで揺りもどしがあるわけだ。
米カリフォルニア州で同性婚解禁
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2406548/3040166

それも州民以外(要は世界中の人々)にも門戸を開いたので関連産業は特需を見込んで力を入れてるとかw


ただし、同性婚が認められてない国の人がカリフォルニア州で結婚するには確か独身証明みたいなのを提出しないとダメで、日本政府は最近、同性婚を予防するために結婚相手の性別を尋ね、相手の人が同性である場合は証明書を出さないように、各市町村に「指導」してるって聞いた。
いかにも…という感じ。


まあ、ただしそれで仮にうまくすり抜けてカリフォルニアで結婚できても、日本ではその結婚の効力はないんで、日本に住んでる限り不利益は変わらないんだろうな。

しかし、相手がアメリカ人の場合、例えば永住権取得とか…その辺はどうなる?



以下、調べてくうちに色々考えたのでダラダラと。


個人的に結婚に興味はないんだけど、あれが持つ「居住権の付与」能力(相手が外国人の場合、その人の国に住めるかとかのこと)と、子供の親権関連の規定、それと遺産相続関係の効力、あれは本気で馬鹿に出来ないと最近思いしらされている…
ほんと、結婚って「制度」ですよ。外から見てるとなんとなく、幸せな家庭とか、愛とか、そういう美しくて優しいイメージがふわふわしてて、憧れたり大事だと思ったりする人がいるのはわかるし、別にそれにどうこういうつもりはないけど、時々制度としての側面が見えるとぎょっとする。いうなれば、カワイーいレースのテーブルクロスのかかった机の下を何気なくのぞき込んでみたら、何か全く予想外の恐ろしいモノを見てしまったという感じ。
結婚は国家という巨大な機構の中で、ものごと(ここでは特に国民、人口)を制御するその歯車の一つとして恐ろしく有効に機能している。

同性と関係を持つと、普通にしてるときは何も感じないわけだけど、非常事態が起きたとき(例えば相手の病気や死、もしくは子供を持つ、財産分配問題など)本当に自分達が丸裸で社会に守られていないと感じる。

若い内はいいけど、年を取ったりしたときのことを考えると、本当に経済的にも強くて健康でいることを強いられるような感覚を覚える。
それはそれでなかなかしんどいことだ。

ただしそれでも私はまだ、あちこちを旅して港ごと(は無理でも二、三箇所と…)に恋人を作り…みたいな人生にも性懲りもなく憧れているし(笑)、そもそも二、三年後にどこに住んでいるのかもはっきりしない(国内ではあるだろうけど)。こういう人間はとりあえずは先のことを考えずに強気で行くのがいいのだろう。
(…っていうかそれこそ、同性云々以前の問題で、健康で精神的に強くあることを自分に対して異様に求める類の人生設計wwwまあ、他人の人生を背負わない気満々という無責任宣言でもありますが…ヘタレなんだ。どうしようもなく…。)

だけど、そうでなくてもっと落ちついた、地域にとけ込んだ人生を送りたいビアン、バイ、ゲイの人々にはかなり辛い社会だと思う。日本は。





posted by サキオ at 13:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「別ジャンル」のエチャ会に行きそこなった私です〜。
サキオさんの生絵錬成、ぜひいつか拝みたいものです。

結婚は「たかが」紙切れ一枚、という方もいらっしゃいますが、「されど」なんですよね。
当たり前の結婚に関心がない自分としては、共感し、考えさせられてしまいます。
心身の強さと、経済力なんですよねぇ…。制度に守られようとしないならば。
Posted by にゃぐ at 2008年09月30日 10:10
ぎゃっ、すみません…!
書き込みが反映されなくて、投稿の仕方を間違えたかと思って、二重になってしまいました。
お手数ですが、最初の方は削除をお願いします。ご迷惑おかけしまして、本当に申し訳ありません。
Posted by にゃぐ at 2008年09月30日 10:14
コメントありがとうございます〜!
すいません、どうもこのブログ、投稿の反映で時々トラブルが…(汗
こないだはお会いできなくて残念でした。にゃぐさんのあのキャラを拝みたかったですw

ええ、「されど」が意外に経済、社会システムの根幹をガッチリと握ってて…むちゃくちゃあなどれません…
特に女性は最近ますます不安定雇用が身近なので、はじかれて身体でもこわして一人になればあっさり困窮、みたいな。恐ろしい世の中です。
すいません、暗くて堅い話になりました(汗
それではまたの機会に〜v
Posted by 管理人 at 2008年10月01日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。