2009年01月22日

瞳フェチ

つり目かたれ目かに関わらず、切れ長の目のキャラってやっぱり弱いです。


rakugaki1.jpgほんのらくがきですが、ハガレンのグリード(と横に顔だけのエンヴィー)。
自分の嗜好がショタ過ぎて、大人の男性キャラを描くのはかなり苦手です。特に筋肉質のキャラは、人を描いているっていうより、立体を一生懸命描いているような気分になります…。そして大抵、ごつくなりすぎます。「男を描くぜ!」と意識しすぎるんですね。
ハンタでもレオリオやフィンクスには泣きました。
エヴァに至っては、もうカヲルやプラスーですでに難易度高かったので、加持とか挑戦すらしていないな…そういえば。ゲンドウ&冬月なんて宇宙の彼方。

やっぱ一番燃える(萌える)し考えずに描けるのは少年とか中性的な身体のキャラだなあ…。

女性の体は、今度は別の難しさがあります。
要は全然訓練してないってだけなんですがね。

ありゃ、なんかお絵かきネタで続いちゃいましたねw


…ちなみに、なんでこんなしょーもない絵を載せたかというと、なにげに「瞳が似てる兄弟(もしくは兄妹)」に萌えなんです…

いや、それだけじゃなくて、瞳に関する話は好きですね。

昔外国にいたとき、誰かが「瞳を見れば、異邦人だってわかるよ」みたいなこと言ったんですよ。
髪の色とか、肌の色とかがその国の人と殆ど同じでも、何分の一か違う国の、違う民族の血が混じっているような場合、けっこうわかるものだよ、という話題の中でそういう台詞が出たんですが、「目が違う」っていう表現にぐっときちゃって。
そういうふうに見分けられ、区別されちゃうのがいいことかどうかっていうのは、また別としてね。

でね、このキャラは二人とも人間じゃなくて、しかも割と特徴的な目をしてるので、最初見たとき、何だかその会話を思い出しました。
人間と同じなのに、何かが違う。
彼らもよく見ると「どこか遠いところから来たような瞳をしている」のかなあって。でもって、同胞だから同じ瞳なんだろうなあ、とか。
それで勝手にハァハァしてましたw

要は瞳フェチなんだと思う(なんだそりゃ)。

ほんとそれだけ。すいません///

posted by サキオ at 01:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 萌え・セクシュアリティ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サキオさんの描かれるグリードさんちょう好きです萌えですハァハァ
身体つきめちゃカコイイっす
その「男!」てかんじがするのが…ゴクリ…たまらん…
Posted by NAOMI at 2009年01月22日 02:18
おおーNAOMIさん、原稿お疲れ様です!!!

そしてフォローありがとうございますm(_)m
確かに妙なオス臭さというか、オトコっぽさはあるかもw
(顔はあっさりしちゃってますが。)
こうなったらもう、筋肉の勉強(?)して頑張る…!
Posted by 管理人 at 2009年01月23日 16:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112968181

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。