2009年02月20日

キャラの二次利用とかクリエイティブコモンズとか

自分用メモ。

ある知りあいから、手塚治虫がまだ中学生の頃(?)、のらくろをつかって鉛筆で漫画描いてて(いわば二次創作だ)、その中にミッキーマウスが戦闘機に乗って攻めてくるという場面があるらしいと聞いた。(当時は第二次世界大戦中で、実際、のらくろは確か兵隊さんキャラだし、ミッキーは米国で愛国心高揚に使われもしたらしい。)
へぇ、それなんかすごいね、見たいなと言ったら、手塚治虫記念館に行けば見れるよという。
内容が内容だけに印刷物にはあまりなってないし、知人の話が正確かどうかも気になる。




で、それについて何か情報おちてないかと思って検索してたらこんな記事見つけた。(目当てのものは見付からなかった)

キャラの二次利用に期待するもの(1)
http://commonsphere.jp/feature/interview/nishijima/01_02.php

二次創作にもつながる文脈で、クリエイティブコモンズについて対談してる。


例えばこの部分面白い。

=====【上記URLより引用】======
たとえばアニメ映画の『ライオンキング』が出てきたときに、「ジャングル大帝」のパクリだという話がありましけど、手塚プロがなぜ訴えなかったのかを深く考えるとわかる話だと思うんです。手塚治虫の初期作品(『メトロポリス』)のなかには、「ミキマウス・ウォルトディズニーニ」というミッキーそっくりのキャラがあって、彼の絵はそういうところから成立している。だから手塚治虫はライオンキングをパクリだとは言えなかった。これってすごく謙虚なことだと思うんですよ。神様・手塚治虫ですらそういう流れのなにあるんだなって想像すると、なんか感動してしまいますね。
========================


(でも眠いんでまだ全部は読んでません。ごめんなさい。)
posted by サキオ at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐女子・ヲタク論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114525372

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。