2009年04月18日

絵に性格出ると言うけれど

月曜に特別入るかも知れなかった用事が延びたので嬉しいです。
明日から準備しなきゃらなら無いのかなあ…とか考えて憂うつだったから。全然話違いますが、絵には性格でるっていうけれど、まあそれはともかくとして、少なくとも自分の場合、「よく描く表情」みたいなのはあるなと思いました。
漫画みたいに物語や設定があると別なんだけど、自由に一枚絵を描くぞってなると、つい何となく描いてしまう表情というか。
なんか「カメラからはちょっと目を逸らして遠くを見てる」感じになりやすい気がするんです。要は全体的にぼーっとした表情が多いw

そう考えてみると、例えば映画なんかで印象に残ってるシーンも、登場人物がカメラからは目を逸らしてふと何かを考えているような目をするようなシーンだったりする。
あと自分も実際ちょっとトランスはいりやすいっていうか、考え込んでぼーっとすることが多いタイプではあるので、この辺影響してるかもと思ったり。

他の方々の絵を拝見してると、やはり色々だなあと思います。
さすがに性格とどうのというのはわからないけど、例えば、すごくきれいに笑っている顔をよく描く、逆に憎悪や怒りの顔がうまい、切なげな表情が多い、思わせぶりな感じの表情が上手など、色々な方を見かけます。
あと、表情は色々でも、カメラ目線というか、こう、絵を見てる人に画面から話しかけてくれるような感じの絵をよく描く人もいれば、画面の中は別世界っていう感じに画面を作ることの多い人もいる。

ま、一概には言えないけれど、そんなわけで話を戻すと、少なくとも自分の場合は割と絵に嗜好や精神状態が反映されてるような気はするなあと思いました。


posted by サキオ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 創作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117684340

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。