2009年09月29日

間際にならないと…

いつも思うのですが、どうして人には前倒しで出来る人と間際にならないとだめな人とがいるのでしょう…

私は後者です。それも筋金入りの…。

しかも不思議なことにですね、前倒しでやれたときも、何故か結局間際にやり直すことになるのです。

どういうことかというと、仮にある作業やら文章やらプレゼン内容を考えたとして「あ、三日前に終わった。自分えらいー^^」と思ってるとするじゃないですか。ここで終われば自分は前倒しの出来る人。

しかしそうは問屋が卸さない。何故かそういう場合いつも、直前の前日夜になると別のアイデアが降ってくるのです…。
「だめだ…!こんなのだめだ!自分何をやっていたの…!!ここはやり直し!キー!!」
…みたいな。

そして必死になってやり直し突貫工事でぎりぎりセーフにするという。

しかも不思議なことにそうやった場合は後で「しまったあそこが…」と不満が残ることあまりないんですよ。つまり「ぎりぎり」の方が本人的には満足のいく出来になるという。
あそこまでやったんだからと思いこみがそうさせるのか…よくわからんですが。

でも一つ言えるのは、自分の場合、前倒しでやってるときってどうも気がゆるんでて力が100%出てないみたいなんですよね。「時間あるさー」と思ってるからどっか隙があるというか油断してるというか…。
だから間際のせっぱ詰まってきたときに荒い部分を見つけてしまうんだと思います。
要はやっぱ、「前倒しで出来ない人」だってことですけど!


こんないけないジンクスを積み重ねているせいで、「前倒しでモノを作って提出するといいクオリティのものができない」ような気持ちになってしまっています。
いけないいけないと思いながら締め切りぎりぎりまで提出出来ないかあるいは……あるいは……



………あの、すいません、交渉、してもいいですかねυ?>某様

あとでメールします…ごめんなさい…


仕事でも趣味でも…なんかすごいだめなかんじ…

……「締め切りのばして」メール送りまくり…それが出来るたぐいの仕事の場合ってことだけど…




ごめんなさい。でもやります。



そういうわけでちょっと週末にかけて潜り気味になるかと思いますυ
がんばんなきゃー


置きみやげ(いらないよ)にこないだ描いたららくがきでも…
xerxes-envyamant2.png
個人妄想のクセルクセスエンビちゃん@鋼。

設定は、
・クセルクセス人で今はエンヴィー(ホムンクルス)の賢者の石の一部になっている。
・奴隷あがりだがエロ大臣の小姓兼愛人になって安楽な暮らしを手に入れていた。お金が大好き。
・もとはホーエンハイムと同じ屋敷にいた。錬金術を教わろうとしたが難しくてついていけずドロップアウトした過去がある。ホーエンハイムよりは15歳くらい年下?
・かわいくてえげつない。でもちょっとけなげ。

こういう遡り過去世界系妄想だいすき…
posted by サキオ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・画像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。