2009年10月17日

ラップは好き

ハガレン新EDの歌が妙にツボにはまってしまって…聞きまくってます。
前のEDもすっごいよかったのですが、今回は個人的な好みのツボにはまったんだと思う。
で、どうやらミクシのフォーラムなどで見る範囲では、そういうひと珍しいようです…w

でもラップ、個人的にすごい好きなんですよ。てか、女声のラップに萌え〜(´∀`*)

あと、ホムンクルス好きってのもあるかな。多分、あの子達はメインキャラ組よりもラップ、Hip Hop、ダンス、テクノ、エレクトロ(要は自分が好きなジャンルw)等の曲調が違和感ないと思います…(私だけ?)

EDロールに登場するキャラが誰かはわかってるのですが、某所で入手した音声だけのやつをPCでリピートしてるんで、ラップの部分でエンビの顔思い浮かべたりして勝手に萌えてます。しまいにはこの曲聞くと何故かエドエン小説(そんなのも書いているのです)が進むという始末。五分でも、その間に一言二言、言葉入れることが出来てしまうくらい妄想起爆力が…。
要は、公式アニメの音楽で勝手に妙なものを作っています。

ちなみに歌詞の内容などはあまり聞いていません…(←
前からそうなんですが、あまり歌詞を気にしないタイプです。聞いてて頭の中に絵やら言葉やらが出てきて、そっちの方で勝手に幸せになってしまうのでうまく頭の中に入ってこない。ごめんなさい。だから後でネットで歌詞確認して、なるほど〜とか思ってることの方が多いです。


余談ついでに、自分が好きだった英語ラップの曲で原点みたいに思ってるのは、2Pacというアーチストです。特に"Dear Mama"という曲にぞっこんでした(これはかなり聞きやすい曲でもあるのですが)。
2Pacは96年にギャングの抗争かなんかに巻き込まれて亡くなった。本人も相当にワルくて、刑務所に入ったりレイプ疑惑で訴えられたり警官を狙撃したり、もうぎりぎりなところから生きててのし上がった英語圏ラッパーの典型のような。そういう人ならではの言葉の強さがある気がして惹かれてましたね。
25歳で亡くなったけど、自分より年上だったんだと今調べて気づいた。つまり、亡くなってから本当にもう時間がたつんですね。そういえば、よく聞いてたころ自分も二十代前半だったということを思い出しました…。





ところで昨日せっかく買ったハガレンゲームを、先ほど実家の弟に貸してしまいました。自分、ダメゲーマー過ぎて、すぐに手を付ける気力が出そうにないと判断した。今週末も最後の詰めみたいな仕事がちょっとあるし…。
弟はフツーにゲーム強いので、多分さっさとクリアしてくれるだろうからレビューとか聞けるかなと。でもってそのあと、余裕があったらトライします。



posted by サキオ at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。