2010年01月14日

エンヴィーカクテル(非公認)の夜

内容を正直に言ってしまうと怒られそうなタイトルですが。
詳しい事情をご説明する前にその概要をご紹介。

週末に訪れたあるバーでバーテンの方に、以下の言葉でイメージするカクテルを作ってもらったのです。(腕の良いバーテンさんはそのようなことがささっとお出来になります。)

キーワード:華やかで享楽的で少し寂しい。中性的。赤い。ちょっと甘めで可愛い感じで。

好み:ダイキリ好き。ジン、ラムなど一通りOK。あまり度数が強い感じのは辛いです。

出来上がったカクテルがこちら。

envycocktail.jpg内容物:Bacardi(ラムの一種)とハチミツ少々、カンパリ、ソーダ、あと柑橘系の何か。(ラムベースなのはダイキリといったのがかなり影響したと思います。)

甘いけどさわやかで、ほどよい苦み。想像していたよりも淡い赤でしたが、これはこれでかわいいという感じが出てて良いと思いました。

エンヴィーがほんとうにこういうやつかという問題はまあ置いておくとして、そんなわけで自分妄想のエンヴィー(もどき)カクテルを飲んだというわけです。

んで、何故タイトルがこーなのか、いきなり何故カクテルなのかということですが…。



事の起こりは先週末にハンタつながりのS子さんとヲタデートをしたことです。それは何かというとヲタのためのヲタなコースを満喫することです。(コースは実はS子さんに完全に頼りきりでした…すいませんm(_)m)
下北の店で20%オフセールの同人誌を買いまくり、ヴィレッジヴァンガードで休憩し(これは特にヲタ向ではないが疑似アメリカ空間を楽しむという意味ではヲタとして楽しかった)そのあととある場所に行ったのです。

それは漫画家福本伸行ファンの聖地、バー・スカラベ
私は実はまだ福本漫画を殆ど読んでいないのですが、赤木しげるという超人気キャラの「お墓」がバーのある建物内にあったり、バーの中でグッズが売られていたり、更には「福本先生公認のキャラクターカクテル」というのがあるということをS子さんに聞いて、ヲタの端くれとしては是非見に行きたいと思ったのです。

なお、公認のキャラクターカクテルというのはどういうことかというと、前述のような方法でキャラをイメージしてバーテンさんが作ったカクテルのうち、福本先生が「これは確かにそうだ」と承認したものがメニューになっているんです。

例えば私が飲んだカクテルは、アカギ。若い頃の赤木しげるをイメージしたカクテルで、シャンパンベースでチェリーブランディー(きれいなワインレッド)他少々が入っているそうです。きれいな赤いカクテルでした。見た目鮮やかで、飲むと何だか強気な性格を感じました。アカギというキャラは超天才博打師(麻雀の)でクレイジーなまでに神がかった賭をする人という設定なのですが、同じ赤系の色でも先に挙げたエンヴィー(もどき)カクテルとはホントに全然違う系統の味でした。
お酒としても甘みはあるけど結構腰が強かった。最後に飲んだので効きました…。

件のキャラ、赤木しげるのお墓もお参りしました。こちらです。
shigeru.jpg
お供え物も卒塔婆もすごい…。百合のいい香りがしました。愛されてるんだなって感じ。

なお、伺って分かったのですが、バー・スカラベの魅力は何といってもいわゆるバーの気さくな雰囲気とヲタを喜ばせるサービスがしっかり調和しているところだと思います。福本先生の原画コピーやファン同士の交流ノートがあるかと思えば、非ヲタの一般客の方(でも福本漫画知ってる)やバーテンさんとの会話が楽しめたり…。
先に挙げたエンヴィーカクテル(もどき)もその会話の延長線上で「作ってください」とやってみたものです。
あ、ちなみに「エンヴィー」の名前は出してませんw さすがに。
でも突然の申し出に快く応じていただけて本当にありがたかったです。
「カヲル」や「キルア」等々でもやってみたいところでしたが、私のアルコール許容量と終電の時間諸々の理由で無理でした…。
(なお、普通のバーでも多分出来ないことではないんですが、「性格描写」でカクテル作るっていう発想が初回からすぐに実現可能なのは、「アカギ」を置いているスカラベならではなんじゃないかと思います。普通初めての客にそういう提案してくれるバーはあまりないから。)

そんなわけですっごい楽しい夜でした。S子さんとバーの方々に改めて大感謝です!





posted by サキオ at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。