2010年03月13日

ノスタルジーの炸裂

日渡早紀『ボクを包む月の光』8巻読んだ。

本筋よりも途中出てきた小林輪の中学生時代姿にノスタルジー爆発。



輪なつかしすぎる。萌えてた、というか自分の中で「少年」の原点ってイメージ。
なんかうまくいえん。
ので今日は寝ます。

ちなみに忙しいと言いつつちょっと仕事のことでモヤモヤしてたので夜中にらくがきだけはしっかりしているという。
つづきにもう一枚。地味な鋼ネタです(↓)




ぐるぐる地下通路サーキット画。



「ここでうまれてここでしぬんだ
でもだから なに」




いつかもっときちんと描いてみたいです。


posted by サキオ at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。