2010年09月29日

鋼PSPゲームちょろっとプレイしてみた

PSPのゲームソフトを買っていたのが一年ほど放置していました。
しかし一昨日ついにデータセーブ用のメモリカードが届き、昨日から順次始めることにしました。「背中を預けし者」と「約束の日へ」の二つです。
ともに、ゲーム歴にブランクありすぎてかなり厳しいです。
一番困るのは、学習意欲に甚だしいかげりが見られることです。チュートリアルとかあるんですが、必殺技の使い方を説明されて、二つ以上のボタンの組み合わせが出てくるあたりで目がチカチカしてきます。
結局、「背中を預けし者」では○ボタン連打してばかりいます。しかし最初の一戦、二戦はそれでなんとかなったのですが、我が本命、エンビたん(+ラストとグラトニー)と第五研究所で遭遇してから状況は一変。今は連戦連敗のギタギタにされまくっています。
エンビたんがくるくると回転したかと思うと刀を振りかざして、容赦なく攻め込んできて、見とれてしまい、最早なす術もありません。しかも気がつかないうちに自動的にアルフォンスとタッグを組んで戦うモードになっていて、するとポリゴンCGエンビたんのアップも出てきて、やはり見とれてしまい声も聞き逃すまいとしているうちに、あれよあれよと画面が進んでいきます。
こんな状況で勝てるわけがありません。
でも究極の話、勝たなくてもいいのかもしれません。

「約束の日へ」はついったーで愚痴っているように、何やら複雑な感じです。まだよくわかっていません。絵と会話は素敵です。


ちなみに、データセーブ用のメモリカード(メモリースティックDuo)が無いと思って購入したのですが、届いたその日に、実は一枚持っていたと気づきました。こないだ実家で、弟に返せと迫ったら持ってないといって譲らなかったわけがわかった。まあいいや。


とりあえず、夜中にこんなことを書いている場合ではないので眠ることにします。


posted by サキオ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。