2008年04月10日

脈絡無くてすいませんですが

弟から借りたCapsuleというエレポップ系グループのStarry Nightという曲を聴いて、何故か貞カヲ妄想が浮かんでしまいました…


それもカヲレイ(いや、レイカヲ?)。


私、庵カヲだとあまり仲の良いカヲレイが思い浮かばないんですが、貞だと比較的うまくいくようです。
逆に、アスカと組み合わせやすいのは庵カヲで、貞カヲは難しい。
何でしょうね。
この辺、攻受で説明しづらい…

以下、男女カップリング語りになってしまいますので興味ない方はスルーどうぞ。考えてみたところ、今日妄想きた貞カヲレイと、前からやってる庵カヲアスには、どうやら共通する部分があります。
どうも私はそれぞれの女の子側に包容力を求めてるらしい。
それもカプの両方とも同じ傷を持っているが、男の子側の方が傷が深い、というパターンで。
一件男の子側がリードして大きく出るように見えながら、事が終わってみると逆だったことがわかる、女の子側が自分の包容力に気づく、という展開に弱いです。
とりあえず男性側に肉体的には攻役割を割り振るけど、精神的には受寄りであるような状況に色気を感じてしまいます。しかも男性側が実は肉体的にもリバだったりするとより萌える。
要は、三人目のレイ→貞カヲ(受)→シンジ(攻)→二人目のレイとか、それプラス碇指令(攻)→貞カヲ(受)(=二人目のレイの代わり)みたいな図式にえらく萌えます。

なんてぐちゃぐちゃなんだ…




話戻すと、アスカと貞カヲが組み合わせ的に難しく感じるのは、アスカがとりあえずは加持のように年上で包容力ある男性を好きな女の子だからだと思います。こういうタイプだと、貞カヲみたいなのとはそもそも第一印象であまり接点作らなさそうにみえてしまって。一方、庵カヲだと、とりあえず接点は割と簡単にありそう。

逆に庵カヲとレイは、レイが警戒してしまいそうに感じて、うまく妄想になりませんでした。それが貞カヲだと何だか気になって見に行きそう。ええ、11巻の展開からしてつかみはかなりイイ感じだと…
手を握られて、ふりほどきもせず、自分から話しかけてますしね。



と、つい妄想垂れ流してしまいました。












posted by サキオ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌え・セクシュアリティ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92928901

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。