2012年01月06日

あけましておめでとうございました+c81きろく

あけましておめでとうございました!
新年明けて首都から帰ってきたら自宅付近では雪がふったりして。ああ…(寒すぎて思考速度低下)

コミケからのあとの年内とお正月はあっという間でした。
仕事始まりましたが、やっと落ち着いてきてとりあえず簡単にc81ルポなどを。

続きを読む
posted by サキオ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

コミケどうもありがとうございました!良いお年を!!

ついに今年のコミケも終わりましたね。
ツイッターでもつぶやきましたが、昨日スペースにお立ち寄り頂いた皆様、アンソロを応援して下さった皆様、本当にどうもありがとうございました!差し入れなどもいただいてしまい、本当に恐れ入ります。
当日の簡単なルポなど、また改めてお送りしたいと思いますが、今年もあと僅かになってしまいましたので、まずは心より御礼まで申し上げます。


そんなわけで、みなさま良いお年をお迎え下さい…!



posted by サキオ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

もうすぐコミケ

クリスマスをエチャをして過ごし、知人とお食事会をしたり仕事をしていたりしたらあっと言う間に年末です。
休暇を取ってもう東京にいます。今日はペーパーを刷りに行きました。いかにもコミケ用っぽいコピー本を作っている方々の横でえんびたんを印刷しました。今はおりおりしています。

アンソロをやるやるといいだして、もう一年以上たちました。
正直一時はこの企画どうなっちゃうんだろ?と思ったときもあったので、とにかく実現できるみたいで良かった、そういう気分でいっぱいです。
あらためて、執筆して下さった方々に大感謝です。

というわけで、明日から参戦される方々、どうぞご武運をお祈り致します。
わたしは明後日参ります。



posted by サキオ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

アンソロ入稿完了と、鋼完全版9巻のことなど

ついに、エンヴィーアンソロジー企画の原稿を、R18版、全年齢ともに入稿いたしました。
思い返せば企画を始動させてから一年以上。長い道のりでしたが、ついにここまで来ました…!
何だかとても感慨があります。いろいろなことがあった一年だった…
執筆くださった皆様、本当にどうもありがとうございます。ここまでやってこれたのも皆様のおかげです。

…などと、もう終わったようなことを言っていますが、これからが本番なので、気を引き締めていきたいと思います。遠足は帰り着くまでが遠足ですからね!
執筆者の皆様には近日中に、当日の受け渡し、もしくは郵送などについての事務連絡のメールをお送りしたいと思います。
お騒がせしますが、もう少しだけおつきあいくださいませ。

さてさて。そんなことをいっているうちに12/22がやってまいりました。
もうずっと長い間飢餓状態に置かれ、それに慣れきっていたエンヴィーファンに、青天の霹靂のような公式投下です。なんと我らがエンビたんが完全版9巻の表紙を飾るわけです (;´Д`)ハァハァ

歓びのあまり、記念の絵を描きました。

envy-9.jpg
おめでとうおめでとうえんびたん!おめでとう全国エンヴィーファンのみなさまがた!

ちなみに今日ついに迷っていたPainter Essentials4を購入して、初描きです。やっぱりブラシがスゴイです…。手ぶれ補正ってこういうものなんですね(溜息
私が水彩使いこなせてないのと、うちのパソだと色を重ねるとどんどん重くなるなど問題山積みですが、それでもこれはたのしい。
posted by サキオ at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

えんびたんが三次元の紙面に降臨してから十周年たちました

すこし前に、アンソロ用に使おうと思って、こんな日付を調べていました(多分あってるはず…)。

原作えんびたん登場退場 2001年12月12日〜2009年5月12日
一期えんびたん登場退場 2003年10月11日〜2005年7月23日
二期えんびたん登場退場 2009年5月3日〜2010年4月25日

実際の所、どうやら今回は使わなさそうなのですが、ここで注目して欲しいのは原作エンビたん登場の日付です。
そうです。昨日は2011年12月12日。えんびたんがガンガン誌面に華麗に登場してからちょうど10周年だったのです。
しかし当の私はといえば、ここ数日の忙しさにかまけてすっかりその事実を忘れてました。深夜に帰宅して見たついったのTLで、先にそのことを思い出した素晴らしきエンビクラスタの皆様をみて気づき、日付変更線を越えてからひとりでおめでとう三唱してました。

えんびたんおめでとうおめでとう!
遅咲きのオタ過ぎて、十年前はえんびたんのことなんて全然知らなかったのに、こんなに年を取ってからすっかりとりこになったよ!!
そして12月22日の完全版でえんびたんが表紙になって現れるのも涎を垂らして待ってる…!


アンソロ編集作業がじみに終わってなくて、今日からやっと最後の作業(目次つくったりとか)にかかってます。
先週仕事が怒濤過ぎて、ほとんど作業できてませんでした…。仕事以外は寝るのと食べるのがやっとだった。
明後日くらいには入稿する予定でがんばります。さらに(10%料金upも考慮すれば)その次の日でもまだ間に合うのです。ほんとうです。



拍手メッセージありがとうございました!
BBSの方にお返事書かせていただきましたm(_)m

そろそろBBSと日記と統合するべきなのかもしれないですね…
気がつけばうちのサイトもすっかり昔懐かしい感じのものになってしまっている。
posted by サキオ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

ちょっとたいへん

がんばっています…
入稿締切まではまだちょっとだけ日にちがあるよ!
buzama.jpg

さいきん、ポストイットのらくがきエンビたんまでもが見くだしてきます
posted by サキオ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

ポッキーの日にでおくれた

2011年11月11日というスペシャルポッキーの日だったのに!!!!



posted by サキオ at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

いいお尻(1104)の日でした

23時頃に仕事から帰ってきて日付変更線間際に今日がその日であることを知りました。
突然らくがきしたくなっちゃってムラムラとしたので描きました。

しかし疲労のせいか、なんか萌えない感じの…いや、もともとこんなもんか…

まあいいや、ということでうpります↓(ただでさえ最近更新が減っていますし^^;)
続きを読む
posted by サキオ at 01:26| Comment(5) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

コミケ当選しました

遅まきながらお知らせです。
コミケ(c81)抽選受かりました!
金曜日 東地区 "ア" ブロック 03aです。
エンヴィーアンソロジーの頒布が中心となる予定です^^

「ハガメタル」のエイコンブさんのお隣のスペースとなりました。
エイコンブさんにはアンソロジーに、既にすばらしい原稿を寄稿してくださいました。本当にどうもありがとうございます!!

まずは取り急ぎお知らせまで。
寒くなってきましたが皆様どうぞお体にはお気をつけて…!

posted by サキオ at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

原稿やってます

いや、実際には仕事したりツイートしたりしてる時間の方に食われて、結構原稿遅いです…orz

印刷でお世話になってるくりえい社様の封筒になんとなくラクガキしてしまったエンビたんと妙に目が合う感じがしたので、スキャンして色塗ってみました。

enbyetthi.jpg

すいません。
今日はそれだけです。
posted by サキオ at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

アンソロ企画アンケートご回答ありがとうございました!&らくがき

気がついたら10月半ば…
色々やらなければならないことが押し迫ってくる今日この頃です。
連休に仕事が入っていたこともあり、あっという間でした。

なお、先の10/11にエンヴィーアンソロジー企画サイトでのアンケート(4)を締切りました。
ご回答くださった皆様、どうもありがとうございます!!結果は…なるほどというかw 

気がついたらアンソロ原稿締切まであと40日ほど。あと一回、最後の関連企画を行って、あとは編集に入りたいと思っています。
また、執筆者の皆様には、近日中に事務連絡のメールをお送りします。
ほんとうにお世話になっておりますm(_)m


サイトの更新がだいぶ遅くなってしまってますが、ちょっと今日はリハビリにらくがきしてました。
続きを読む
posted by サキオ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

「3.OCT.11」百周年&一期アニメ年代考察

エンヴィーアンソロジー企画、執筆者様の募集を締め切りました。ご応募本当にどうもありがとうございます!!
少し遅れていて済みませんが、近日中に改めてご連絡メールを送らせていただきますm(_)m
まずは取り急ぎお礼まで。



昨日は2011年10月3日で、ついったに「エルリック兄弟旅立ち100周年」的なついーとがまわってきて、あ、いいなあそれ、と思いました。

この日、実際の世界では何があったんだろ?と思って早速ウィキペディア「10月3日」見てみました。すると「フィクションの出来事」コーナーに「エルリック兄弟が「覚悟を決めるため」として自らの家を焼き払い、兄・エドワードの失った手足と弟・アルフォンスの身体を取り戻す方法(賢者の石)を探すため、旅に出る。」とちゃんと書いてありました。ますますすばらしい。
じゃあ歴史上の出来事は?と思って探したけど…
…あんまぱっとしたのなかったです。


原作と二期アニメは鋼世界と完結してるけど、一期アニメは現実世界と年号が微妙に近いんですよね。
完全な対応関係じゃないみたいだから、シャンバラは1923年が舞台だったりしますが。まあ、1917−18年だと第一次世界大戦とかぶって話が作りづらいんでしょうね。
それでも一期アニメの方では百周年が近い…かな?(くるしい)

一期の物語が私は好きで、特にシャンバラを見たあと、この先どうなったんだろうって色々考えてたりします。
シャンバラの設定は第一次世界大戦直後1923年のワイマール帝国(ドイツ)が物語の舞台となっており、ヒトラー政権誕生前夜の暗い雰囲気を描いています。
歴史の経緯を考えるに、あの映画の中に出てきてエドを助けたユダヤ人映画監督フリッツ・ラングは、1930年代に亡命してアメリカにいくことが決まってます。エド達もあのままドイツに留まるよりは、なんだか国外に脱出してそうな気もします。

そしてエド達は原子爆弾のことを気にかけていました。だとしたらエド達もひょっとして米国に行ったのではないか?いずれにせよ現実世界のアメリカでは1939年以降、原爆開発が少しずつ本格化していくことになります。
当時最先端の知識を持っていた、ドイツからのユダヤ系亡命科学者達が米国大統領に原子爆弾の作成を提案したのでした。

1939年には、シャンバラで18歳だったエドは、34歳になってしまいます。ホーエンハイム顔になっていそうでコワイ
しかし調べてみると、このとき、原爆開発にあたり重要な役割を果たした科学者も丁度そのくらいの年の人たちでした。

原爆開発プロジェクトを指揮した後、そのことを悔やんで平和運動に転じた科学者、J・ロバート・オッペンハイマー(1904-1967)は1904年生まれ、シャンバラのときには19歳、すなわち設定上、エドとわずかに一年違いという事になります。
で、今ちらっとWikipediaで見たところ、オッペンハイマーの有名な言葉に「科学者(物理学者)は罪を知った」というものがあるみたいなんですよね。重い。そして、鋼のテーマとも見事に重なる…。

このことに気づいたとき、ふと考えてしまいました。
一期の水島さんは、このあたりもご存じの上で、時代設定を考えたのだろうか?
鋼世界の「罪を知った」錬金術師と、現実世界の「罪を知った」科学者達が、現実世界で同世代の人間同士として向き合ったかもしれない。その想像力の可能性を残すために、1923年に18歳になる青年、エドを想定したのだとしたら…。
激動の時代が背景であるだけに、妄想がどんどんふくらんでしまいます。

ちなみに、やはり原爆に関わった著名科学者の一人に、エドワードという名の人物もいます。エドワード・テラー、1908年生まれ。彼は1923年には15歳ということになります。
テラーは開発に携わったことを後悔しなかったといわれています。

posted by サキオ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

エンヴィーアンソロ執筆者様募集中!!(9/30まで)

エンヴィーアンソロ企画の執筆者様募集締切まであと二日となりました。
現時点の所では、総勢12名の執筆予定者様をお迎えしております。


締切は9/30(金)24時までとさせていただいておりますので、この機会に、と思われる方は奮ってご参加くださいませ^^
原稿募集についての詳細は下記の通りです。
http://envy.ma-jide.com/bosyu.html


以上、宣伝記事まで、失礼いたしました〜!
posted by サキオ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

敬老の日でしたね

昨日はハンターオンリー参加の皆様どうもお疲れ様でした!

私はといえばおうちに帰ってきて、ひさしぶりに妄想やらネットやらが思う存分出来るので、とんでもなくそういうことばかりしてました。

今更タイバニ24話を見て下半身脱力症候群を起こしたり、エンビたんと敬老の日について考えたり、ハンターの展開についてネタバレを探したりしていました(仕事のせいで展開を追えていないので)。

夕方には買い物に行ってMUJIで雑貨を買ったりして帰ってきました。雨にだいぶやられました。

夜はついったを眺めながら、なぜかリン・ヤオ×エンヴィーSSに挑戦してました。ただの思いつきです。
シン国の集団主義で個人の自由が弱めな感じって、ちょっとホムンクルスの生き方に似てたりしないかしら?という気持ちがよぎったので何か色々妄想しちゃって、まあその辺で。

つうわけで、だいぶ久しぶりに自由で楽しい一日でした。




posted by サキオ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

夏コミ本通販開始しました

ついに8月最後の週末ですねー。
なんかあっというまだったです…(遠い目)

夏コミ本(鋼)の通販をせめて8月が終わる前にと思っていたのですが、何とか間に合いました。
サイトのOFFLINEのコーナーからご覧ください。
内容についてご説明しますと、基本としては再録本で、漫画一本と若干のイラストが描き下ろしとなっています。

それと、サイトの方も更新しました。

ということで、短くて済みませんが、今日は事務連絡までm(_)m



posted by サキオ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

色々ご連絡

前回の日記からだいぶまた日があいてしまいました。
この間、首都から帰ってきてすぐにオフの予定で人里離れた世界に出かけ、隆起いっぱいの三次元(山道やら岩だらけの海岸やら)に悩まされていました。
いろいろギャップが激しすぎて、なんか、帰ってきた今も放心状態です…。

とりあえずは、夏コミ通販の準備をしております。普通ならもう既に開始しているはずなのですが、遅れています。すみません。
理由ですが、要は、コミケの規模ではありえない少部数しか印刷していなかったので、追加の印刷をしているのです。
何やらマヌケといいますか、同人屋が(たとえもともとが少部数でも)完売したら、それでいいんじゃね普通?と思われそうですが、えっと、何とうっかりしていて自分の分も全く残ってないのです…。
8月12日の朝、スペースで手にとってパラパラめくったのが最後の記憶。例え再録が多いとはいえ、自分的には何かそれってちょっと寂しい…。あとで恥ずかしい部分がたくさん見つかるにしても、割と記録って取っておきたい方なもんで。
そういうわけで、今日発注いたしましたので、それが到着したら通販を開始する予定でいます。


今後の予定ですが、サイトをダラダラ更新しながら、冬コミの準備をしようと思います。具体的には、エンヴィーアンソロジー企画の準備です。少しずつ、お申し込みを頂いています。どうもありがとうございますm(_)m
(ちなみに昨日、早くも最初の原稿をいただきました。ほんとうにありがとうございます…!)

アンソロ企画サイトの方も、今年の初めにアンケート企画を行っていて、震災のあと止まってしまっていますが、続きの企画をあと一つか二つは出来るといいと思っています。ついったやこの日記で告知いたしますので、お暇のある方はお立ち寄りください^^


なお、鋼だけでなく、今後は少しずつハンタサイトの方も更新出来たらなと思ってます。また、9/18のハンターオンリー CLIMAX HUNT4では、既刊本ですが、委託を予定しています。
新しいコンテンツを用意できるのはもう少し先になりそうですが…。

posted by サキオ at 22:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

夏コミお疲れ様でした

ついに夏コミ全日程終了ですね…!
3日間で54万人、前年より減少とはいえ、事情が事情ですので、すごいと思います。
http://mantan-web.jp/2011/08/14/20110814dog00m200010000c.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
スタッフの皆様、参加された皆様、どうもお疲れ様でした。そしてどうもありがとうございました!!

私は8/12に鋼でスペースを取っていたわけですが、お陰様で、委託させていただいた本、グッズ、拙著ともに当日在庫分は完売となりました。
おいで下さった皆様、誠にどうもありがとうございますm(_)m
色々な方にご挨拶できて本当に嬉しかったです。
差し入れなども本当にありがとうございました。美味しく頂いております…!

また、当日スペースで手伝って下さったdejavuのKARINさん、およびご友人のReiさんには心よりお礼申し上げます(お二人の美しいコス姿はリンク先のサイトでご覧頂けます)。

なお、当日は完売となりましたが、通販などは行う予定です。
というか、ちょっと色々と読みが甘かったのですね…^^;
準備部数が少なすぎました。経験不足でお恥ずかしいかぎり…



オフ会ではカラオケスケブ、二次会など楽しい時を過ごさせて頂きました!
ちょっと体力が吸い取られてたため、死んだ魚のような目をしながらハァハァしてましたが、でも(その分ダイレクトに)幸せだったです。
頂いた萌えはまたそのうちついったやら妄想作品やらで発散させて頂く事になると思います。本当にありがとうです(´ω`*)


また何か思いついたら書くと思いますが、まずはそういうわけで、遅まきながらご報告とお礼まで。
posted by サキオ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

帰ってきました+芦田豊雄さんのこと

少し長い間留守にしていましたが、帰ってきました。
いない間、ニュースなどは普通に見てましたが、アニメヲタ的に一番衝撃的だったのは、私にとってヲタの道を決定的にしてくれた「魔動王グランゾート」や「魔神英雄伝ワタル」の芦田豊雄さんが亡くなられたことでした。

思い返すに芦田豊雄さんというのは、鳥山明さんとともに、80年代末から90年代前半にかけて、今でも通じるショタ少年ヒーローキャラデザの文法というか、「お約束」を定着させた方々の一人だったように感じます。
例えば頬や筋肉などのカーブを少しカクカクした線で描くとか、房になってツンツン尖った髪の毛とか、黒目がちのかまぼこ形目(といえるだろう)ヒーローとか、逆三角形の三白眼のサブキャラとか、ハイライトを妙にくっきり入れる塗りだとか。それから、目と顔のバランス、頭身のあり方などなど、今、たとえばイナイレにすら時々現れる、見慣れたこういう表現が一気に形を取って最初に凝縮したのがこの二人の絵柄でした(だって、キャプ翼とかまで遡るともう全然違う絵柄ですよね)。当時の自分はそれを一生懸命真似しようとしていたのを覚えています。

また、すこし前にこういうトギャまとめを読みました。
「鳥山明氏が芦田豊雄氏から受けた影響について」
http://togetter.com/li/136413

二人は相互に影響されあっていたようです。

更に言えば、鳥山さんはどうであったのか知りませんが、少なくとも芦田さんは「魅力的なショタキャラをどう作るか」をかなり明確に言語化して実践している方でもありました。
(そして私は面白いくらいそれにメロメロになりました。)
三白眼、鎖骨、前髪、生い立ち、顔や身体の傷、etc.フェチの対象となるパーツが何であるかを頭の中にちゃんと百科事典のように持っていて、自在にそれを組み合わせてキャラを作っていたのです。
少年キャラがただの男の子ではなく、フェチなパーツから構成される欲望の集合体だなんて事をちゃんと言語化して説明してくれたのは、自分の中ではあの方が最初でした。



なお、ショタの魅力について先に語ってしまったために文面がややギラギラしていますが、ワタルやグランゾートは自分にとってはかなり切実な作品でした。本当です。私事で恐縮ですが、実家が家庭崩壊した子どもの頃、ブラックホールに吸い込まれるようにはまりこんだ作品です。その頃、自分の周りで何が起きていたのかおかしいくらい覚えていないのですが、アニメの時間だけは楽しく嬉しかった思い出として記憶に残っています。
ラビや主人公の大地と一緒に、心の中の月面世界に住んでいて(舞台は未来の月世界なのです)、時々学校に行くために現実世界に出かけていました。
だから、本当に忘れられない。


心よりご冥福をお祈りいたします。

untitled2.jpg
ラビのつもりです。ちょっと眉毛が太くなったかな…。
ラビは芦田さんではなく上杉恵美子さんという方のデザインですが、「生い立ちに不幸があり、頬に傷があって、少し影がある少年」などイメージの指導はしたようです。
posted by サキオ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

夏コミ本

夏コミ本の表紙です。内容はサイトの再録漫画と描き下ろし漫画とで構成されています。あわせてサイトのオフライン情報も更新しました。
envy-me.jpg
ちゃんと新刊にしたかったのに、私の事情もありこのような形になってちょっと申し訳ないです。お値段はお求めやすいものにしたいと考えています。
しかしスパコミでの本もそうでしたが、自分の書くエンヴィーは妙に真顔というか、無表情というか、笑ってない顔ばかり多いですね。
どうしたことか。

タイトル"Envy me"は、そういう名前の香水がありますが、「私を羨ましいと思いなさいよ」くらいの意味です。Envyは動詞だと「〜をうらやましいと思う、ねたむ」の意味なんで。
いや、あまり深い意味はないんですがw 
表紙のイメージ的には、人をうらやむ奴ほど、人に自分をうらやんで欲しいと思っている。しかしそれがうまくいかないので、焦ってジト目になっているのだとか、そんな感じで…


なお、明日から10日くらい、オフ仕事の事情でちょっと旅に出ます。日記やツイッターはさわれる、かな…。
前に更新した日付見たら5月で、これはかなり自分的にはショックでした。相変わらずエンヴィーのことははいつでも大好きなだけにすごく残念です。ちょっと忙しかった…orz

ちなみにミロスすら見に行っていません。ひどいことになっています。
これが終わったらエンビたんとの夏が待っていると信じてる。

それでは皆様よいなつやすみ or そうでない方はよい7月の終わりをお過ごしください!
posted by サキオ at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

おととい鋼サイトが三周年だった

おめでとう自分とサイト…!
ちょっと原稿他で身動きできない状況になってますが、エンビたんへの愛はかわらないです。
そして、更新が滞っているにもかかわらず、ご訪問くださっている皆様、本当にどうもありがとうございます…!!
これからも細々とマイペースに頑張っていきたいと思います。

【ちょっと比べてみた】
サイトに既出の絵ですが…こうしてみると結構3年前と絵かわっちゃってます。

左 2011年5月 右 2008年7月
envy-sebiro.jpgenvie0.jpg

本人的にはFAえんびを意識してるときと原作のつもりのときと、そのどれでもないときとわけてるつもりで、左のネクタイエンビはむしろ「どれでもない」のつもりだったんだけど…
全体的にFAの影響受けてる?いや、単なる自分顔かな…
posted by サキオ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。