2011年02月02日

冬が終わりピンク色の春が

寒い寒い日々が続き、拙宅では集合住宅の水道タンクが凍ったりして、大騒ぎしました(私が)。
お風呂に張ってあった水やら、偶然洗面台にたまっていた水やらがこれほどありがたいと思ったときはありません。
風呂の水はトイレに、洗面台の水は洗顔に使わせてもらいました。

でもそんな寒い冬ももうすぐ終わります。今日はどんどん気温が上向いてきました。万歳!

pop.JPG
忙しくて心が緑色になりそうですが、もうすぐピンクの春がくると信じています。


エンビアンソロ企画アンケート第三弾を開始しました。
よろしければどうぞ♪

http://envy.ma-jide.com/enquete.html
posted by サキオ at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

どうしていつまでも学園モノに惹かれ続けてしまうのか

わたしは学校を卒業して恐ろしいほどの時間がたってしまった人間なのですが、今でも学園モノが大好きです。
これは不思議なことでもあります。何故かというと、私は中高生時代、あまり楽しいと思って過ごしていたわけではない。
いや、まあ、体罰が横行してた中学(当時はそういう時代)はともかく、高校は教師も含め穏やかないい人たちが多かったのですが、変な人は少なかったので、何だかいつも言いたいことを飲み込んでるような気持ちの悪い毎日を過ごしてたというのが正直なところだったのです。今から思えば自意識過剰の部分と、やはりそのように振る舞って正解だったという部分双方があるんですが。
そんなふうに、どちらかというと居心地が悪い場所だったにも関わらず、学校という場所は今でも思い出すと、何やらぐっと胸に迫る。そして心に夕闇と劣情を運んでくるから不思議です。どうしてこんなことになってしまったのでしょう。

それは何かの代償行為なのかもしれません。鬱々とした思い出だからこそ、えっちな妄想で埋め合わせたくなってしまうという。
特に私は運動部ではなかったにも関わらず、運動部のひとびとを眩しく思い、今なんて体育用具室ロッカー室などが大好きなので、尚更そう思います。
まあ、本当のところはよくわかりませんが。


それにしてもいけないのは、学校の建物やら制服やらが、漫画アニメの中でも、現実世界でも、意外と当時(90年代)から変わっていないという事実です。だからつい、ノスタルジーをずるずると引きずったまま、学園という世界に親近感を感じ続けてしまうのです。
たとえば、たしか丁度私が高校生になる前後くらいに、新しい制服に替えた学校が多かったのですが、そのときの定番、ブレザーにミニスカート(しばしばギンガムチェックなど)やズボン、という格好は、まだ健在というか、さほど他のスタイルに覆されていない気がします。
教室でも未だに黒板が使われていて、例えば、電子掲示板になってるとか、授業が全部ノーパソ持ち込みで行われるとか、そういう気配はありません(一部の名門校はのぞく)。
そして何より建物。未だに多くの学校が90年代どころか、80年代以前の建築ですよね。一部には、例えば円形の教室とか、ピクシブの本社みたいな集会所とか、色々新しいインテリアデザインの学校がありそうですけど、多数派は緑色の黒板がある四角い教室に沢山椅子や机が並んでて、白を基調にした外観の建物に通っています。そして大抵のアニメが、そのたぐいの建物を舞台にした学園モノをこれでもかと放映してくれるというわけです。これはもはや殆ど洗脳です。思春期の思い出の風景を深夜に美しい背景美術でこれでもかと見せられることを考えてみてください。

そういうわけで、もう少し時代が変わってくれないと、いつまでも学校萌えに取り憑かれたままに中年期がずるずると続いていってしまいそうなのです(他力本願)。困った。


あ、ちなみに理科準備室も好きです。あと図書室も。
posted by サキオ at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

最近ついったでぶちまけすぎている件について

ついったのせいでいろいろと心の毒が抜けてしまい、ブログに書くことが激減しているというありがちすぎる状況です。困っています。
最初は「へっ、こんなみじかい文字数で何が言えるのだね」と思ってたのに、なかなかそれがどうしてあなどれず、心の中のネバネバした沈殿物やら日常の細々した愚痴やらが気づくとだだ漏れにずるずるたれ流れているのです。なんておそろしい魔法の140字。
このままおいらの恥ずかしい悩みや私生活のあれこれがついったに全部たべられてしまったらどうしよう。

そのせいでなんとなく最近、ブログがスカスカな分だけ絵でもあげて埋めないとという気になり、また、じっくり創作する時間が取れないのもあり、なんだかラクガキ置き場みたいになってます。
今日もなります。というわけでらくがきうp。↓


続きを読む
posted by サキオ at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

夜型のおかお

とりあえずらくがき描いたのでうpらせていただきます。

enbiraku.JPG

デジタルです。Artrageというソフトで描いてます。ちょこっとらくがきするのに楽しいです。
エンビたんは目の下くまがじつに似合う子だなと思います。寝不足顔の似合う夜型な子に何故か自分はいつもメロメロです。朝の5時くらいまで顔を眺めてニヨニヨして、先に寝オチしてぐりぐり踏まれたいです。

そんなことを考えて悦んでる内にまた無意味に遅くなってきたので寝ます。



posted by サキオ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

エンヴィーアンソロジー執筆者募集開始

エンヴィーアンソロジー企画の執筆者募集を正式に開始いたしました。

http://envy.ma-jide.com/bosyu.html

〆切りまで大分ゆっくりしていますが、皆様のご応募をお待ちしております。
よろしくお願いいたしますm(_)m

それでは、今日はちょっと雑用があるので、事務連絡まで失礼いたします。

posted by サキオ at 18:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あけおめでございます

あけましておめでとうございます。

2011年がきてしまいましたね。何だかびっくりしています。
ハガレンは連載十周年だし、あと4年でエヴァの時代2015年だし。いやほんと、2010年代が本格的にはじまってしまいましたね。


さて、新年早々ですが、エンヴィーアンソロサイトの方の、アンケート第二弾を開始しました。
おひまがあれば、お気軽にお立ち寄り下さいませ。

http://envy.ma-jide.com/enquete.html

原稿募集もお正月明けから早々と始める予定です。
夏まで大分時間がありますが、時間をかけて作っていければと思っています。

それでは、まずはご挨拶およびご報告まで、申し上げますm(_)m
今年が皆様にとって、楽しい一年となりますように!
posted by サキオ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

オフ会ルポ(30日)+年末のご挨拶

オフ会レポ30日分です。
29日と同様、許可の取れた方のみ実名、お名前を出していいのか訊くのを忘れた方はアルファベットでお送りします。

なお、先に書いておきますと、この記事が今年最後になります。
一年間どうもありがとうございました。
皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい(´∀`)ノ
先にご挨拶まで。

それでは、以下、ルポです。


続きを読む
posted by サキオ at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コミケ&オフ会ルポ(29日)

どうもご無沙汰してます。時間たつの無茶苦茶早くて、もう年末です、ね…!
明日新年ですか。そうですか。

というわけでコミケ(とオフ会)に行ってきました。29日と30日二連続でした。
以下、許可の取れた方のみ実名、お名前を出していいのか訊くのを忘れた方はアルファベットでお送りします。

続きを読む
posted by サキオ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

とりいそぎ

こんばんは、寒さにやられております…忘年会に出て帰りながら凍りそうでしたハヒー

以下、事務連絡です〜

アンソロサイトの「原稿募集について」を更新しました。12月25日に更新予定だったのですが、かなり滑り込み状態で…失礼しておりますm(_)m

それから、拍手の方から、鋼サイトが文字化けするとのメッセージを頂きました。
明日にでも状態を調べでお知らせしたいと思います。お騒がせして済みません…!

それでは今日はすいませんがこの辺で。
ちょっと体力を吸い取られてしまったので、眠ります…すいませ…パタリ

posted by サキオ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

ねむー

なんだか忘年会と〆切りのウェーブが来てて波乗り状態ですハヒー。
とりあえず今日も忘年会明日もひとつ。

おかげでサイトはお留守、すっかりつぶやくだけのひとになってます。
ついった上で流れてきたリンクをクリックしてこんなゲームをやったりしました。
game.jpg
エンビたんのbotをくどきました(ただしシナリオは別人格でぐいぐいと強引に進んでいきます)。

これが終わったらサイト運営にもうちょっと精を出したい…
クリスマス絵描いてるんだけどおわるかな…さっき一回ラフをここにうpったのですが、なんかそれやると出した気になってしまい永久に終わらないような気がしてきたので削除しました。優柔不断すいませn

とりあえず生存シグナルを発信して今日はねますパタリ



posted by サキオ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

まじめに読書

もうすぐ読み終わる。

環状島=トラウマの地政学 [単行本] / 宮地 尚子 (著); みすず書房 (刊)

トラウマを持っているということが、どういう状態なのか、当事者同士の抱えやすい問題や、関わろうとした人が抱えやすい問題は何か、そして「加害者」というのはそれらに対してどういう位置にいるのか。トラウマを巡り人々の置かれた位置や難しさ、トラウマがその周りに作り出す人間関係の特徴について、「環状島」や「海」というビジュアルなイメージを使って専門家の視点からわかりやすく語ったもの。

ついったのTLに題名が出てからふらっと買ったんだけど、自分の問題も含め、すごい色々参考になってしまった。



……この前の日記となんかテンション違いすぎ?
posted by サキオ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

Mが…

5年くらい使ってる自宅キーボードの、Mの字がすごいうちにくくなった。
不思議なことに、それだけで字をうつ意欲が半減くらいしてしまい、ついった出現率落ちてます^^;
(つか入り浸り過ぎなんだけど)
結構使うんですよねM…。
さっそくキーボード買い換えることにしました。


続きを読む
posted by サキオ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

日があいてしまった

気がついたら半月近くブログ放置してますね…。

二次創作やら妄想やらは結構活発だったんですが、やはりついったーに色々日記で書くような内容を吸い取られまくってたということのようです^^;
いやもうわかってるよって感じだろうけど…。

ハロウィーンでなんか改めて鋼妄想にはじけたりしてました。オチがあるんだかないんだかの漫画も描いたりしてるんで、近日中にうpりたいと思います。ちなみに今日は夕食の後、苦しみながら筋肉を描いていた。

あとはいつかここでも書いたエンヴィーアンソロ企画サイトですね。来年の夏をめざすまったり企画ですが、サイトは今月あたりから作りたいなあと。
出来れば原作27巻発売をこそっと陰ながら記念するようなタイミングでだせるといいかな…。


やるやる詐欺にはならないよう頑張るです。とりあえずそんなところです。

posted by サキオ at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

読んでしまった【性・鬱関連書籍感想注意】

一気に、読んでしまった…。
AV女優さんへの連続インタビューシリーズ最終巻。最後だけあり、壮絶。書き手のライターさんはちなみに風俗関連から手を引いて今は介護職。落陽のAV界ルポくらいの感覚で書いたっぽい。

名前のない女たち最終章〜セックスと自殺のあいだで (宝島SUGOI文庫)

名前のない女たち最終章〜セックスと自殺のあいだで (宝島SUGOI文庫)

  • 作者: 中村 淳彦
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: 文庫




続きを読む
posted by サキオ at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

アニメージュを手にして

ついった経由であるお方にエンビたんの特集が載っているということを聞き、アニメージュ2009年11月号を購入しました。
アニメファンとしてはだめな話ですが、実はアニメージュを買うのがかなり久しぶりでした。
そして、サイトで購入ボタンを押したときはちゃんとアニメージュと書いてあったのに、何故か頭の中ではアニメディアを買ったつもりでいたようです。

それに気づいたのは、手に取ったときでした。背表紙があるから「??」と思ったのです。あれ?アニメディアじゃないのかこれ?と頭の中で声がしました。確かによく見てみるとそれはアニメージュでした。

一体アニメディアとアニメージュの何が違うのかというと、記憶の中にある限り、アニメディアはキャラに(〃▽〃)キャー♪という気分が前面に出てる雑誌、アニメージュは確かにそれはあるけど、敢えて抑えて作品語りをしてる雑誌というイメージでした(ただしこの記憶はすごく古いので多分おもいきり時代からずれています)。文字数も多いし。
んで、件のエンビたん記事は話に聞いたかぎりだと、欲情だだ漏れ記事ということだったので、すっかりアニメディアだろうと勝手に頭が計算していたようなのです。しかしそれは単なる不注意でした。

結論から言うと、伝説なだけありすごい記事でした。
題名は確かにメージュだけあって(?)ちょっと知的で、エンヴィーの「蠱惑的解体新書」とかなっていた。そして実際に我らがかわいいホムンクルスが全身図解入りで蠱惑的に解体されていました。心の奥がもぞもぞとうごめくような喜びを感じました。

特に、高山みなみさんのインタビューがあり、エンヴィー語りが読めたのは収穫でした。もうこれについてはきっとみなみさんファン、エンビたんファンの方々の間ではちょう有名な気がしますので多くはふれませんが、一言だけいいなあと思った部分を引用。

(エンヴィーについて)
 「怒りっぽいようでいて、実はそれほど短気ではない気がしています。[略]ああ見えて意外と人の話を聞く方ですし、律儀なところもある。やっぱり長く生きているんだなと思うと同時に、人間臭さも感じます。」

さり気ない台詞ですが、やはりさすがというか、直感的に人間を把握する力みたいなのが半端無い声優さんだなという気がしました。
私が記憶する限り、ファンのキャラ語りならまだしも、一般読者向けの文章で、エンヴィーという存在の後ろに時間の積み重ねを見るような考察をした方はあまり多くはないです。
経験と時間の積み重ねを経て「若い少年の声」を作り上げているプロの声優さんならではの見解のようにも感じました。

他、個人的には、「普段は人並みの体重に設定している」というのが鋼FAのデフォ設定ととれるようなことが書いてあってうれしかったです。確かにアニメでははっきりそこを描いてた。


他の部分についてもちらちら読んでて、一年遅れながら楽しい記事がいろいろありました。
思わずおおってなったのは、「伝言板」コーナーですね。アニメフレンド募集!というのがあって、実名と住所を載せた文通募集があった…なんか、懐かしいです。いまでもあるんだ。
あと同人誌通販を兼ねたコーナーもあり、これもちょっと不思議な感じだった。

そしてなにげにヒットだったのは、とある特集コーナーに寄せられていた読者の方の意見でした。

 「男って言うのは、『同じ男に惚れたい、尽くしたい願望』があるのではないでしょうか。」

多分これ、なんかの本質ついてるなあw


posted by サキオ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

バタバタしたまま

旅から戻って一週間以上経ったけどなんだかあまり小説とか絵描いたり出来ない日々だ〜。

気持ちの悪い色でらくがきをしてみたりしたくらい。
よせばいいのに似非リアル路線で鼻から下はとりわけ失敗した。
untitled.jpg
エンビたんを描くことに目覚めてから思ったものだった。いちどデッサンとかちゃんと訓練うけてみたい。


とかなんとかいいながら何もせずに2年くらい経ってるよ。おかしいな…。
posted by サキオ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

鋼PSPゲームちょろっとプレイしてみた

PSPのゲームソフトを買っていたのが一年ほど放置していました。
しかし一昨日ついにデータセーブ用のメモリカードが届き、昨日から順次始めることにしました。「背中を預けし者」と「約束の日へ」の二つです。
ともに、ゲーム歴にブランクありすぎてかなり厳しいです。
一番困るのは、学習意欲に甚だしいかげりが見られることです。チュートリアルとかあるんですが、必殺技の使い方を説明されて、二つ以上のボタンの組み合わせが出てくるあたりで目がチカチカしてきます。
結局、「背中を預けし者」では○ボタン連打してばかりいます。しかし最初の一戦、二戦はそれでなんとかなったのですが、我が本命、エンビたん(+ラストとグラトニー)と第五研究所で遭遇してから状況は一変。今は連戦連敗のギタギタにされまくっています。
エンビたんがくるくると回転したかと思うと刀を振りかざして、容赦なく攻め込んできて、見とれてしまい、最早なす術もありません。しかも気がつかないうちに自動的にアルフォンスとタッグを組んで戦うモードになっていて、するとポリゴンCGエンビたんのアップも出てきて、やはり見とれてしまい声も聞き逃すまいとしているうちに、あれよあれよと画面が進んでいきます。
こんな状況で勝てるわけがありません。
でも究極の話、勝たなくてもいいのかもしれません。

「約束の日へ」はついったーで愚痴っているように、何やら複雑な感じです。まだよくわかっていません。絵と会話は素敵です。


ちなみに、データセーブ用のメモリカード(メモリースティックDuo)が無いと思って購入したのですが、届いたその日に、実は一枚持っていたと気づきました。こないだ実家で、弟に返せと迫ったら持ってないといって譲らなかったわけがわかった。まあいいや。


とりあえず、夜中にこんなことを書いている場合ではないので眠ることにします。
posted by サキオ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

帰り着きました

…は、

長い旅だった…バタッ

帰ってきました。
十日ぶりの我が家が特に変わったことなく無事で嬉しい。
あと安定したネット環境も嬉しい。お湯の量が安定していて広い風呂も。

しかし寝不足の頭に何故か物欲が飛来して、さっきAppleのサイトをうろうろしてお買い物をするかしないか迷って数時間過ごしてしまった。眠いときの買い物はろくなことにならないので黄色信号だけどもう購入ボタン押した。発車オーライ。

今日はもうあまり何も考えられないからお絵かきでも(できたら)して、寝る。
posted by サキオ at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

手抜かり多くここに至る

昨日から出張で国外にいます。
今回は慌ただしい準備だったのと、久しぶりに出国したので、なんか勘が 鈍っていたというか、いろいろと手抜かりが多い旅立ちとなりました。

なかでも最大の問題がネット環境です。
一週間以上いるのでウィークリーアパートみたいなのを借りたのですが、 何か完全に勘違いして、ネット接続完備だと思いこんでました。その会社 が持ってる他の部屋がそうだから思いこんだようです。
着いてみて、違うとわかり衝撃。ネット中毒者としては辛いです。というのもあるし何より、仕事関係が…
諸経費を抑えようと思いすぎてどうやら不適切な宿泊先を選んでしまった ようです。無能です。

幸い街中に無料で使えるWi-fi(無線LAN)ゾーンが結構あるんですが、ネット中毒者なのでどうしても個室でも使いたい。結果、FON
コミュニティ(※)の方々が飛ばす電波にお世話になることになりました。今も、お世話になってます。5日間で日本円にして1500円近くかかるんだけど、助かってます。

(※ FON http://www.fon.com/ 
FONERAというルータを買って会員になって、Hot-spotを作る(=自宅から電波を飛ばしWi-fiのネットワークを作る)と、他の人が
作ってるHot-spotのWi-fiも無料で使えますよというサービス。
会員でない人は私のようにお金を払って使わしてもらう。会員がいるところにはネットワークが出来ているので、世界中にHot-spotがあるというのがウリ。)


とてもありがたかったので、会員になるかどうか真剣に考案中。

window.jpg
posted by サキオ at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

場所萌え

最近、職場の帰りに夜にバスを待つのが好きです。
最寄りのバス停がすごい山の中あるのですが、山と暗い草むら、アスファルトの道路にぽつんと街灯、を地でいくような風景なのです。
冬に初めてその場所に立ったときは、実に気が滅入りそうな場所だとこれからを危ぶんだものでしたが、春が来て、夏が近づくにつれて別の気持ちになってきた。
まあ、要約して言えばですね、

シンジとカヲルが生えていそうな気がしてきたのです。

ええ。

ほら、山腹の田んぼにエヴァつっこんだりするじゃないですか。

それに丁度夏ですしね。しかも文字通りなかなか終わらない夏…

そんなふうに、毎日、日が暮れるまで残業するたびにそう思ってバスを待っています。


しかし、もっと待ちの方にある自分ちのまわりにはけっこう史跡スポットとかあるんですが、まさかそっちより先に山が萌えスポットになるとは思わなかった。
今、日本史関係で萌えきてるジャンルがないからなあ…。せっかくの風景が宝の持ち腐れ(?)になっています。
神社とかいい感じのところがあるんですけどねー。
posted by サキオ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ただの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。